ユニバーサル・ケアについて

 私たちは平成16年11月10日に、京都府よりNPO法人設立の認証を受け、同年12月より『京都「成年後見」支援センター』の名称で活動を開始しました(認証番号: 京都府指令6府民第1号の83)。平成18年3月7日には、定款変更の認証を受け、成年後見人等の引受事業を開始しました(認証番号: 京都府指令8府民第5号の21)。平成18年6月に、京都駅前に成年後見常設相談所を開設したのを機に、呼称を「市民後見センターきょうと」に変更し、成年後見制度の普及、制度を利用する市民および家族・親族後見人の支援、法人としての成年後見人等の引受などを中心に、活動を続けています。

 平成23年からは市民後見ネットワーク形成のため、京都府福知山市での成年後見センター成年後見センターふくちやま開設支援の活動を始めています。
また、平成24年の4月からはNPO法人ゆうかり(市民後見センターおおさか)の支援とスタッフ研修を実施しています。

過去3年間の主な活動を見る[PDF]

当法人の事業内容

特定非営利活動法人ユニバーサル・ケアの定款(抜粋)

第3条(目的)
この法人は、少子高齢社会において各世代が、高齢者の権利擁護のための活動、身体と心の健康を維持する活動、ならびに伝統文化を守りこれを継承する活動等に積極的に参画することを支援し、それらの活動を通じて、社会および世代間相互の問題についての理解を深め、互いに助け合いながら、安全、かつ健やかで豊かな社会の実現を推進することを目的とする。

第4条(特定非営利活動の種類)
この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1)人権の擁護又は平和の推進を図る活動
(2)保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(3)学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

第5条(事業)
この法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。
(1)成年後見人、保佐人、補助人並びに任意後見人の引受に関する事業
(2)契約に基づく委任事務の引受に関する事業
(3)前各号に掲げる事務に関わる個人財産の管理に関する事業
(4)成年後見監督人、保佐監督人及び補助監督人並びに任意後見監督人の引受に関する事業
(5)法人事業及び成年後見制度の広報、普及及び啓発活動
(6)成年後見の利用相談及び事務支援に関する事業
(7)高齢者の身元保証人確保支援および身元保証引受に関する事業
(8)伝統文化の保存・継承のための展示・イベント開催に関する事業
(9)伝統文化の作品・工芸品の普及に関する事業
(10)他の地域の伝統文化との交流、相互支援活動に関する事業
(11)前各号に掲げるものの他、この法人の目的を達成するために必要な事業

代表者の略歴

                                理事長 内藤健三郎

        1948年 熊本県生まれ
        北九州市立 北九州大学外国語学部卒
        米国海外保険協会に勤務
        米国シグナコーポレーション 日本本社損害調査部長
        エース損害保険株式会社 経営企画部長 退社
        NPO法人ユニバーサル・ケアを設立し成年後見制度の普及活動を開始。
        現在 日本住宅少額短期保険株式会社(本社:大阪市北区)取締役兼務

ご支援・ご協力のお願い

 以下のような分野で当法人の活動を支援していただける個人・団体・法人を募集します。どんなことでも、また、できる範囲内で結構です。

参加いただく活動内容

  • 市民後見人としての活動参加(当センター相談員、後見事務担当者として)
  • 成年後見制度冊子「もっと身近に! 成年後見」の配布
  • 市民後見人養成講座など、イベントのお手伝い
  • 成年後見制度利用希望者・相談者の紹介
  • ホームページ、ブログなどでの紹介、リンク
  • 当サイトについての評価・感想など

【ご連絡先】
電 話:075-361-8567
FAX:075-361-8568
メール:「お問い合わせフォーム」をご利用下さい。

ユニバーサル・ケアについて|→個人情報保護方針

ページの先頭へ